先日、メインマシンをMacBook Pro 16インチ(2019)にチェンジしました!いやー、最高です、快適です。まぁ、これまで使っていたのがiMac27インチ(2011)とMacBook Pro 13インチ(2013)だったので、そりゃ良くなりますよね・・・

しかし、残念ながら一つ問題発生。MacBook Pro 16インチ(2019)にはThunderbolt 3(USB-C)ポートしかついてない!
てことはLogicool M705 マラソンマウスが使えない!Unifyingレシーバー(USBレシーバー)が差さらないですから・・・

てことで、
ロジクールのハイエンドマウス “MX Master” シリーズの最新モデル 「MX MASTER 3」 を購入しましたので、デザイナー目線でさくっとレビューしてみます。

前作からデザインが一新されてより持ちやすい形状になり、MagSpeed電磁気スクロールホイールが採用されたことで従来よりスクロール精度が向上したとのこと。
ほぉ、細かい事はよくわからんが、より良くなったということですね。うむ。

詳細なスペックについては私の言葉で説明するよりも公式サイトをご覧ください!その方が正確。

では良いところ!!

充電がThunderbolt 3(USB-C)で可能!!
これめちゃ便利。電池を入れるとさらに重くなって、操作性が落ちるし、かといってマイクロUSBで充電とか死ぬほど面倒だし。Thunderbolt 3(USB-C)で充電できるってことは、ACアダプタのケーブルが流用できますからね。めちゃんこ便利。

サブボタンが多い!
サブボタンにはアプリごとに動作を設定できます。これがやっぱ便利。
ブラウザはもとよりAdobe系ソフトでもこれは大活躍です。

良くないというか、気になる人がいるのでは・・・?という点。
デカイ・重い
見ての通り大きめです。自分は手が大きめの人なので全然操作性に問題はありませんが、やはりこの大きさには慣れが必要かと。
MacのMagic Mouseとか好きな人は最初慣れなくて困ると思います。マウスを高く持ち上げて操作する人にとっては、デカくて重いはずです。

安いチープな感じのマウスも意外と悪くないというか、小さくて軽いのは取り回しが良いですよね。
MX MASTER 3は決して小さくはありません。
マウスを細かく持ち上げながら操作する人は慣れが必要だと思うので、一度家電量販店などで触ってからの購入をお勧めします。
僕はもう慣れたけど、最初は違和感ありました、正直。

結論
なんだかんだ言っても、作業効率UP!おすすめ!とりあえず使ってみたらよいですよ。人気があるのが肯けます。