PENTAX6x7を購入してからもう少しで4ヶ月が経ちます。
これまでにブローニーフィルム9本=90枚の写真を撮り終えました。
現像は8本=80枚終わっています。
現像代に幾らかかったかな・・・

どれだけ頑張ってもピンボケや手ブレなどやっぱり発生しちゃうので、問題無く写っている写真は80枚のうち、半分もあればよい方かと思います。
さらに「コレだ!!」って写真はそこから半分。
おかしいなぁーー、シャッターを切るタイミングでは、全部スーパー最高な写真のつもりなんですけどね。現像されたものをみると、何かピンとこないものもやっぱありますよね。
気負わず気軽に良いな、と思った瞬間にシャッターを切りたい気持ちと、常に最高の1枚を目指して撮りたい気持ちがぶつかり稽古。

この1枚は、「ココで撮ったら良い写真になる!」って強く思って撮りました。
背景がボケ過ぎは勿体ないけど、流石に暗いのでF4、シャッタースピードは手ブレが怖いので125にしたかったけど、確実に露出不足になっちゃうからギリギリ60で。あ、フィルムはPORTRA400です。
あとは手ブレしないように、しっかり脇を閉めて、呼吸も止めて、ミラーショックに負けないように・・・えいやっ!

ガコッ!(シャッター音)

うむ!見事良い感じに撮れました!!すごく良い感じだと思います。(自画自賛)

まぁ、普通にA7IIで撮れば苦も無く撮れるんだと思うけど・・・

羽山っぽい雰囲気もこの6×7の画角の中に収めることが出来ていると思います!(自画自賛)
いやー、良い雰囲気だなーこのCadenceのジャケット、あの時買っておけばよかったなー当時はFuji Trackをカスタムするので精いっぱいだったもんなぁー(全然関係ない)
これは引き伸ばしプリントして飾りたいですね。

最近改めてデジタルとフィルム、どちらも良さがあるなぁって感じてます。
まだフィルム未経験の人、一度コンパクトフィルムカメラでいいから挑戦してみると良いですよ。
あ、写ルンですでも全然良いですね!