つい先日の事です・・・
札幌までプラっと遊びにきたお義父さん、お義母さん。
街まで出かける前に我が家に立ち寄った際、お義父さんが何やらガサゴソと袋から出します。

これ好きかなぁと思って」と私に手渡してきたもの。

おっ!?黒いショルダーバッ・・・

え、ドンケじゃん!!
しかも!F-2!!

しかも!バリスティックナイロンのモデル!!ゴフッ(吐血)!!
ずっと欲しいなと思っていたカメラバッグをいきなり手に入れてしまいました!!ヒャッふー!!うれしい!!お義父さんありがとうございます・・・涙

ドンケが欲しくなったきっかけなんですけど、これもやっぱMASH SFなんですよね。どんだけMASH好きなのよ。とか言わないでね。
初期にフォトグラファー兼フィルマーをしていた、ゲイブモーフォードが使ってたんですよ。DLXSFの専属フィルマーとしてだけではなく、各種メディアにイケてる写真を提供しまくっている、大好きなフォトグラファーです!
いい感じにヤレたディッキーズにVANSのスリッポン、クタクタになったドンケF-2・・・カッコいい!!めちゃ似合ってるんですよ・・・
『ア・ウェイ・オブ・ライフ 28人のクリエイタージャーナル』っていうめちゃ面白い本にゲイブモーフォードのインタビューと共に写真載ってるので気になる方はぜひチェック!

それでは、めっちゃ簡単にレビュー!

DOMKE F-2B BALLISTIC NYLON BAG

DOMKEの定番モデルF-2はコットンキャンバスなので、使い続けるとどんどんアジが出てくると思いますが、結構重いし、雨にも弱かったりします。濡れたまま放置してカビが生えるなんて人もチラホラ。

このモデルは内外装をバリスティックナイロンで作り変えた防水性と強度に優れています。ロゴもグレーで控えめなところが良いですね。

いやー、ほんとカメラバッグって結構難しいんですよ。
ガチガチの撮影&車とかで移動なら、バックパックやハードケースなんかに機材をを詰め込んで、目的地まで行って、撮影。終わったら帰ってくる。というスタイルで問題ないと思います。

ただ、私のように自転車に乗りながら&自転車で移動しながら&歩きながら撮影って場合はバックパックって使いにくいんですよ。
なぜなら

バックパックからカメラ出すの面倒。

なので、さっと取り出せるショルダータイプがずっと欲しかったんですー
結構前の話ですけど、一時期はIncaseの「Ari Marcopoulos Camera Bag」が良いかもーって 思ってたんですけど結局買わず。やっぱ小さくてね。

このDOMKE(ドンケ)F-2見た目以上に結構入ります。
今回はメインコンパートメントに
・PENTAX6x7+105mmレンズ(装着状態)
・SONY α7II+TAMRON28-75mm(装着状態)
・CANON FD50mmレンズ
を入れています。

サイドポケットには財布とウルトラライトダウンベスト。
フラップのメッシュ部分には予備バッテリー2個。
手前のポケットや背面のスリーブ部部分にまだまだ入ります!
これは良いぞ・・・!

とはいえ・・・
こんだけ入れると重いです。
PENTAX6x7+105mmレンズで2kgオーバーですから。
たくさん入るからといって、たくさん入れたら良いってもんでもないですね。

金属のフックもついていますが、フラップはマジックテープで簡単に開閉できるので さっとカメラを取り出すことが可能です。

DOMKE F-2B BALLISTIC NYLON BAGざっくりまとめ

・けっこう入る。(カメラ2台とレンズ余裕)
・そこそこ重くてもストラップ太目でなんとか行ける
・バリスティックナイロンのせいか、ちょっとスタイリッシュ
・いかにもカメラマン!って雰囲気になりすぎない。
・ちょうどよいフォトグラファー感でカッコいい

カメラバッグとしてだけではなく、普段使いしちゃおうかな!
おれもゲイブモーフォードみたいにドンケF-2の似合うフォトグラファーになりたいぜ!!